JavaScript対応ブラウザで表示してください。

よくある質問

何故自分で定款を作成するより割安なの?

当サービスで作成するのは紙の定款ではなく電子定款です。紙の定款には収入印紙4万円を貼付しなければなりませんが、電子定款の場合印紙を貼る必要がありません。したがって、作成手数料がこの印紙代(4万円)より低額であれば、少なくともご自身で紙の定款を作成するよりも割安になります。

理論的には、ご自身で「電子定款を」作成すれば、当サービスをご利用いただくよりも出費を抑えることが可能です。しかしながら、電子定款を作成するためには、PDF作成ソフト(PDFの読み取りソフトではありません)、カードリーダー等を導入する必要があります。これらを導入するだけで2万円~3万円はかかります。その上、これらを使いこなして公証役場や法務局の求めるフォーマットに適合するものを作成できるかというと難しく、仮にできたとしても相当な時間を費やすことになってしまい、現実的ではありません。

以上より、紙の定款を作成するのであれば明らかに、また電子定款の場合でも現実的には、ご自身で定款を作成するよりも当サービスをご利用いただく方が割安ということになります。

契約に際して何か条件はないの?

一切ありません。

当サービスと同種のサービスを提供する業者の中には、提携税理士との顧問契約等が利用条件になっていたりすることも多くみられますが、税理士や会計士と顧問契約を結ぶと月々の顧問料が発生することになります。顧問税理士等を必要としない場合はかえって割高になってしまいますのでご注意ください。

届出は誰でも簡単にできるって本当?

必要な書類が揃っており、印鑑等が適切に押されていれば、法務局や公証役場への届出自体は極めて簡単です。

当サービスをご利用いただき、電子定款をはじめ会社設立に必要な書類一式が完成すると、書類お受け取り後の手順について分かりやすく書かれた解説書(手順書)と一緒に、郵送でお客様にお送り致します。

お客様は、その手順書にしたがって、必要箇所に印鑑を押して書類を法務局等に提出いただくだけです。

お客様が悩まれることのないよう、手順書の内容、体裁に気を配っておりますのでご安心ください。

設立までの流れ

設立までの流れ:1)フォーム記入・申込 2)確認メールの送付 3)代金お支払い 4)類似商号の調査 5)書類等の送付 6)設立の届出【1)、3)、6)がお客様ご自身で行っていただく部分】

太枠がお客様ご自身で行って頂く部分です。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。

このページのトップへ